和菓子の日に和菓子を買えなかった男の決意表明

グルメ探訪

皆さんが知っての通り、自分はOLかって位、スイーツが好きです。

スイーツ食べる為に日々運動し、検診の血糖値にもビクビクしているのです。

そんなの知らねーよって言う人もいるでしょうが、それでは6月16日は和菓子の日という事を知っている方も多いのでは?

そう、その日はグルテン、糖質無礼講の日なのです。(自分の中では)

そして、その記念すべき日には、自分の住んでいる地域では、年に一回「焼き立てカステラ解体ショー」 をやっているお店があるのです。120本限定で!!!

巷での台湾カステラ人気は何のその、自分は南蛮渡来のカステラが食べたいのです。

カステラは通常1日置いてしっとりしたところを切り分けるが、この日は焼きたてのカステラを食べられる年に1度の貴重な機会との事。

これは食わねば、これは食わねば。

和菓子の日を迎えるまでの行動

・6月初旬 チラシにて和菓子の日を確認。(この時点で知らないのはニワカと言うのは受け付けない)

焼き立てカステラ解体ショーの概要をチラシにて確認。予約可と書いてある。

・当日でも買えると思い、そのまま日は流れる

・念のためにと2日前に電話で予約をしておいて、出来る男を演出しようと思って電話。

売り切れ

こんな夕焼けをみたような哀愁漂う気持ち

考えが、ガトーショコラ並みに甘かった~。(少し苦みがあるところに含みを持たせています。)

つうか、何年も前からやってるのに事前に調査しておかなかった爪の甘さ、昼下がりのマダムのスイーツへの情熱を甘く見ていたのが敗因。

しかも、カステラだから洋菓子に比べ客層、年齢層は高めと思われ、日中の縦横無尽に動けるポテンシャルを持った方が多いと思われる。

この敗因を胸に来年こそは、有給を取って万全の態勢でカステラを手に入れたい。という決意表明の話。

それではグッドラック!!

バイビー。カスティラ!

ちなみに諦めきれなくて、自分で焼き立てカスティラ作ったので、それは次回の話。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました