ネット通販でギターを買ってはいけない?失敗しない買う時のコツ

ギター

インターネットショッピング、通販で本当にギターは買ってはいけないの?

ギター購入相談の質問でよく下記の内容を見たり聞いたりします。

「ネットでギターを買おうと思っているのですが大丈夫でしょうか」すると大体答えは

  • ・ネットで買うギターは不具合の時に大変
  • ・アフターサービスが無い
  • ・ギターは絶対試奏した方がいい
  • ・現物確認しないなんて信じられない

本当にそうなのでしょうか?実際ネットショップ5店舗でギターを購入したことがあるポチョムキンがこの悩みにズバッと切りたいと思います。

結論 新品のギターで実店舗を構えている店舗からのネットショッピングなら問題無し

「これからギターを弾いてみたいです」という全くの初心者の方では無く、「自分で弦交換は出来るよ」的な方に向けての結論となります。

ポチョムキンは対応の良さで石橋楽器店 で購入する事が多いです。

こちらは石橋楽器店
で購入したお気に入りのGibsonのハミングバード

ギターが自分の思い込みに起因する相違は不具合とは違う

あくまでネットショッピングでギターを買うという事は、画像のみで判断、購入している以上「ギターが思っていたイメージと違う」、「音が好みでは無い」、「弾きづらい」など自分の思い込みの部分での相違は許容しなければならないと思います。

ネットショッピングが問題無しの理由

ギターに不具合があった場合

ポチョムキンの場合一度も不具合には当たった事がありません。実店舗を構えているショップは全く検品せず出荷している事は無いですし、例え実店舗ではなく倉庫にあったギターでも通販の専門スタッフが同じように検品して出荷しています。

ポチョムキン
ポチョムキン

実店舗を構えているネットショップを推す理由は、電話にもきちんと出てくれるし何かあった時もすぐ対応してくれるよ。

格安ギターの場合そもそも店舗に置いてあるものでもどうなの?って感じのもありますので通販だからって事は無いです。そこはギターのポテンシャルなところもあります。

アフターサービスが無い

これは完全に誤解だと思います。自分もアコースティックギターが届いてすぐ調整を頼んだ事があるのですが送料往復無料でアフターして頂きました。これも電話で問い合わせし対応がすごく良かったです。※アフターにかかる費用はネットショップ毎で違うと思うのでそこは確認お願いします。

また有料にはなりますがアフターだけ近くの楽器屋にみてもらうってのも全然有りだと思います。自分のとこで買ってないものは見ないなんて楽器屋は見たことないので。

現物確認、試奏出来ない

通販の一番のデメリットでもありますが、考えようによっては店舗に展示してあるギターは沢山試奏されていますので完全な新品とは言えませんが、こちらは試奏などしていないギターが来る可能性もあります。それが良いか悪いかは価値観によると思いますが。あと商品を手に取れないので購入する前にショップに問い合わせをして、少しでも分からない事や不安な要因は取り除いておくのが重要です。

こちらもネット通販で買ったK.Yairi/Nocturne 後日近所の楽器屋で調整してもらい見違えるほど弾きやすくなりました

ネット通販で買う事によるメリット

同じ商品の場合、値段が安い事が多い

こちらが一番のメインになるのではないでしょうか?例えば実店舗10万円位のギターがネットショッピングでは7万円くらいだったり、それ以上に金額が高額になればなるほど実店舗との値段の差が大きくなることが多いです。

遠くの楽器店まで足を運ぶ必要がない

地方住みであれば楽器店が無い所も多くあり楽器を買いに新幹線に乗って東京の御茶ノ水や大阪の心斎橋に出向くというような一大イベントの遠出をしなければなりません。

その点、ネット通販であれば楽器店に行くための交通費かからず自宅にいながらにして好きなギターを購入することができます。その交通費分を好きなギターに充てる事もできます。これはネット通販ならではの大きなメリットです。

ギターの選択肢が多い

地方の楽器店に無いようなギターがネットショッピングでは見かける事が多いです。楽器屋がオリジナルでギターメーカーにオーダーしたギターもあります。

また実店舗の場合、スペースの関係もありますので展示している本数に限りがあります。

ネット通販で買う際に注意して置くこと

セール品、アウトレット品は店頭に展示しているギターとは品質が多少違うものが届く可能性も

楽器店は同じギターをメーカーにロットで注文することになっていることが多く、同じギターが5本納品されたとします。ギターは一本一本材質は同じであっても木目や音色が違うものなので、やはり杢目が美しい、音が印象深いものは店頭で販売される事が多いようです。

音が気に入るかどうか分からない

ギターの鳴りによる音の良さは人それぞれ違うのでこればっかりはデメリットとなり得ます。ポチョムキン的にはエレキギターやベース等のアンプに繋いで音を出す楽器よりアコースティックギター等の生楽器が音に関しての違いが顕著だと思います。

ネット通販でギターを買う時のコツ

欲しいギターを見つけたら電話で問い合わせる

購入する前に分からない事や気になる点、発送までの期間、ギターをどこまで調整してもらえるのか、アフター等必ず聞くようにしています。ショップによっては弦高調整をして出荷して欲しいと伝えたら有料ですと言われたところもありましたので。電話する事により店員の対応の良さや、店の雰囲気を把握出来るので特に高額ギターを購入する際は自分は電話をするようにしています。

店舗型のメリット

  • 実物を手に持ったり試奏できる
  • 自分の弾きやすい様にギターを調整してもらえる(購入した場合大体無料)
  • アフターサービスを受けられる
  • ギターを購入する際のアドバイスをもらえる

これからギターを始めてみたいけど何も分からない、まだ始めたばかりで上手く引けないから楽器屋は緊張する。この様な方こそ店舗で相談、購入した方が良いです。

知識豊富な専門スタッフが疑問にも答えてくれますし、ギター買った後に必要な物などの相談にも乗ってくれます。

そして何よりギターは見た目やフィーリングも大事だと思うので最初のうちは実物を見て自分がビビビッと来たギターを相棒にするのも全然有りだと思います。

オークション、フリマアプリで中古を購入する場合

オークションでは中古ギターを業者が出品、落札していることも珍しく無くその点を見ると中古でも質の良いものも取引されている印象があります。フリマアプリはまだアプリ自体が歴史が浅いため出品数も少ないように思えます。

ギターをネットオークションやフリマアプリで中古で購入する際には写真だけで状態を見極めなければならず、購入後場合によっては適切な整備をしなければならない可能性があります。

そのような事から初心者であればオークション、フリマアプリでの中古の見極めは難しいと思います。

まとめ

「楽器店が近くに無い」、「欲しいギターの金額がネット通販より高すぎて店舗の値段では手が届かない」等様々な理由でネット通販を検討されている方に今まで経験してきて何も問題ない事が分かりました。

相手と顔が見えない売買で特にギターは高額になる事も多い為、その点は自分から問題解消に向けて動く必要があります。販売する側もネット通販の問題や購入者側の不安も分かっている事が多いのでネット通販でギターや楽器を買う事は一つの候補になると思います。

ポチョムキン的にネット通販でギターを購入した際に一番対応が良かったのは石橋楽器店 でした。購入前にこちらのセッティングの要望をきちんと聞いて無料で対応して頂き、担当者の電話対応もこちらの疑問点や不安点解消して頂き素晴らしかったです。

今回述べたメリット、デメリットを比較し上記のコツも参考にしてもらいながら自分の最高の相棒を見つけてください!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました