お小遣い制サラリーマンの2020自宅練習用ベースアンプ極み3選

ギター

剪定基準

・値段は上限35000円まで。何故なら自分の小遣いが月30000円程度だから。。。

・自宅での使用を第一に考える。

・コンボタイプに限る。

・自宅は防音など無い普通の住宅を想定。

おススメの自宅練習用ベースアンプ コンボタイプ

第1位「FENDER Rumble25」 値段が安いのにシンプルな操作で誰もが良い音って感じられるアンプ

[直輸入品] FENDER Rumble25 [直輸入品] FENDER Rumble25 ベースアンプ人気のコンボベースアンプRUMBLEシリーズの25Wモデルです。大音量と優れた低域レスポンス、コントロールは通常のボリュームとEQに加えて、ボタンを押すだけで簡単にパンチの効いたサウンドを得られるオーバードライブとンツアーコントロールを搭載しています。
率直に値段が安い。実売が15000円前後。直輸入とjp仕様はお好みで直輸入が少し安め。

回路もデジタル主体では無くアナログな作りで直感的に操作出来る。
その為、出音も余計な物を通さないので、しっかり芯の太い低音、バチバチいうような
高音のヌケどちらもしっかり出力されて音がストレートに届く感じ。

オーバードライブスイッチ搭載、音作りにも多少幅があり家庭用としては音量も
25W出力で充分。またスラップ奏法であっても音が飛んだり歪んだりは無し。
この値段でこの品質は迷う必要性を感じさせない。

デメリットとしてAUXinの端子がありますが、マスターボリュームが無くボリュームのみ
なので使いづらい。デザインが垢抜けない。

人気のコンボベースアンプRUMBLEシリーズの25Wモデルです。大音量と優れた低域レスポンス、コントロールは通常のボリュームとEQに加えて、ボタンを押すだけで簡単にパンチの効いたサウンドを得られるオーバードライブとンツアーコントロールを搭載しています。

[直輸入品]■ベースアンプ コンボタイプ
■出力:25W
■スピーカー:8″×1
■コントロール:ボリューム、オーバードライブON/OFF、ベース、コンターON/OFF、ミドル、トレブル
■寸法、重量:39W×39H×28Dcm、9.5kg

値段の近い定番のAMPEG ( アンペグ ) / BA-108 V2と音量を合わせて試奏し比べたけど音が歪んだりしたのはアンペグ。ランブルはワット数も多少ですが大きい事もあり安定しておりアンペグも悪くないけどランブルの方が好み。

自分は音作りに関してもぶっちゃけベースを家で弾く時はいつも同じ様な音色で弾くので必要充分です。

AMPEG ( アンペグ ) / BA-108 V2 AMPEG ( アンペグ ) / BA-108 V2

第2位「VOX ( ヴォックス ) / VX50-BA」Nutubeによる真空管の音色の太さを体感できるアンプ

VOX VX50-BA リッチな重低音を出力するVOXオリジナルの8インチ・スピーカー、余裕あるパワーで豊かな低音再生を実現する独自のバスレフ構造、そして暖かみのある真空管サウンドが最大の特徴。 VOX VX50-BA リッチな重低音を出力するVOXオリジナルの8インチ・スピーカー、余裕あるパワーで豊かな低音再生を実現する独自のバスレフ構造、そして暖かみのある真空管サウンドが最大の特徴。
Nutubeによる暖かみのある真空管サウンドがこの価格で手に入れられるのが驚き。
Nutube??最初はなんちゃって真空管なのかと思っていたら従来の真空管の特性を
そのまま継承し正真正銘の新真空管となっています。

ゲインを上げると豊かな倍音成分が増幅し音が太く暖かみのある音になっていく感じ。
イコライザーも4チャンネル、ドライブ、コンプスイッチ付で音色の幅広め。

また50Wの出力がありながら重量が4.5㎏。自分みたいに古い人間だと重量がある方が
低音がすごいの出るんじゃないかって思いがちだけど、自宅で使う分には充分過ぎる
低音で問題無し。

■ベースコンボアンプ
■出力:50W
■Nutube搭載
■スピーカー:8インチ
■コントロール:GAIN、BASS、LO MID、HI MID、TREBLE、MASTER
■コンプスイッチ、ドライブスイッチ
■サイズ:354(W)× 208(D)× 313(H)mm
■重量:4.5kg

やはりNutube搭載による音色のもっちり感やねっとりとした低音の太さが特徴のアンプです。

また50W出力、軽量の為自宅以外の小規模ライブでも気軽に持って行ける、ダイレクトアウトが搭載されており宅録にも使えると色々なシチュエーションで使えるのも素晴らしい。25000円以内で夢の真空管アンプが手に入る事を考えたら鼻血が止まりませんね。

第3位 「FENDER ( フェンダー ) / RUMBLE STUDIO 40」 WiFiによるアンプの制御、Bluetoothで音楽をストリーミング、有り余るエフェクト夢とロマンが詰まったアンプ

FENDER ( フェンダー ) / RUMBLE STUDIO 40 FENDER ( フェンダー ) / RUMBLE STUDIO 40
アンプシュミレーター付きマルチエフェクト搭載のアンプ。

40Wの出力で自宅では持て余すくらいの余裕あり。エフェクトなどを接続しない人は
このアンプひとつで完結します。

BluetoothやWiFiをアンプ自体が搭載しておりスマホから曲を流しながらセッション
出来る、スマホのアプリからその場でエフェクトを変えたり制御する事が出来ます。
ソフトウェアのアップデートやクラウドの利用による新たなトーンの取得も可能。

背面端子も豊富にありレコーディングにも使える。多様な機能を備えたRumbleの
サウンドメイキングの可能性は無限大。

デメリット
エフェクト操作が慣れるのに時間がかかる

値段は33000円程度~。アンプ自体にWiFiが付属することによりアプリ経由で音色を変えたり音色を手に入れられる未来感。さらに音色がアンプモデリング15種以上、エフェクト40種以上と可能性も無限大。スピーカーの口径も上の機種と違い10インチが入っており低音も素晴らしい。

音色にこだわる、最新の技術を堪能したい貴方におススメ。

ヴィンテージライクな温かみのあるトーン、アタックが際立つパーカッシブなサウンド、そしてうなるようなドライブサウンドまで、新しい Rumble はベーシストたちのあらゆるニーズに応えます。
■出力:40W
■スピーカー :10″ Fender Special Design、Compression Tweeter
■コントロール:Gain、Bass、Middle、Treble、Master、Three Layer Buttons、Encoder、FX Button、Save Button、Menu Button、Tap Button
■エフェクト:アンプモデラー15種以上、エフェクト40種以上
■I/O:Input、エフェクトループ、ラインアウト(XLR Stereo)、3.5mm Aux Input、3.5mm Headphone Output、USB Recording Output、WiFi Connectivity、Bluetooth Audio Streaming
■寸法:41.91(W) x 42.9(H) x 30.4(D) cm
■重量:8.6 Kg

※上記の値段はサウンドハウス 2020.10.20現在の価格

何故ギターアンプではダメなのか

ベースの出力の大きさやアタックの強さからギターアンプでは音が歪んだり飛んでしまう事があるし、ベースは音だけで無く音圧も感じる楽器なのでやはり口径の大きいスピーカーが乗っている方が練習にも熱が入るし単純に弾いてて楽しいです。

ギターアンプだとそもそも特性が違うからベースらしい音が出せないんだよね~

さすがにギターアンプを使ってもスラップをマックスの音量で弾き倒したりしない限り壊れる事は無いと思いますが気分良く弾くためにも専用の物を準備した方が良いのではないでしょうか。

自宅練習用ベースアンプレビューの総括

今回3機種を自宅練習用としてピックアップしましたがどのアンプも値段を考えると充分すぎるクオリティーです。一応順位はつけましたが値段も1万円~3万円代と違いますし、同じ値段帯なら今回紹介した3機種は自分の中では1位になると思います。

やはり自宅でもアンプを繋いで練習する事でモチベーションの維持にもつながるし、細かいニュアンスの表現の確認にも有用なのでこの価格で手に入れられるなら是非持っておくことをお勧めします。

それではグッドラック!!

Fender Rumble Studio 40 ベースアンプ

価格:33,000円
(2020/10/25 01:10時点)
感想(0件)

VOX VX50-BA ベース・アンプ 新真空管 Nutube 搭載【smtb-TK】【送料無料】

価格:22,765円
(2020/10/25 01:13時点)
感想(0件)

Fender Rumble 25 Combo ベースアンプ

価格:16,000円
(2020/10/25 01:14時点)
感想(1件)

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました