格安スマホのUQモバイル歴5年超の自分がスマホ新プランを比較検討する

ガジェット

大手3社のスマートフォンの料金が高いと言われ続け、それでも大手の料金は殆ど変わらなかった時代は過ぎ去り、2021年の3月からは各社で新プランが開始されます。

大手で、オンライン20G専売プランが2480円~2780円(税抜き)は、店頭でのサポート無しだとしても、今までに比べたら相当値段が下がった印象です。

実際、今までも通信費を抑えたい方はサポートがほとんど無いMVNO(格安スマホ・格安SIMのサービスを提供している通信事業者)を使用されてると思うので、その点に関しては問題無い方がほとんどではないでしょうか。

自分も各社の今回のプランは魅力的なので、自分の使い方を含めて検討していきます。

現在の契約プラン

現プランはUQモバイルのデータ高速+音声通話プランです。

月々の支払い料金、使用しているデータ通信量

現在の使用状況では固定回線(au光)もあり、20Gは使いきれず無駄

使用状況としては上記の通りで月々の請求料金は1800円前後、通信量は旅行に出かけた8月は多くなっていますが繰り越しでまかなえていますし、自分の使い方であれば、月3Gあれば充分です。

各社の新プランに変更する事で料金は消費税入れると

docomo「ahamo」無料通話5分有り、2970円,

au 「povo」,

softbank「LINEMO」無料通話無し、共に2728円

20Gも使わないし、電話もほぼしない。それなのに月1000円前後高くなることを考えるとちょっと考えてしまいますね。

電波の質としては、UQモバイルはMVNOなのですが、電波の品質も良く、5年間使ってきた中で、不満点がほとんどありません。本当にたまーに通信が引っかかる事があるくらいなので。

そうなるとUQモバイルの新プラン「くりこしプランS 高速通信3GB/月」が俄然候補にあがってきます。

月1000円前後ケチるなよという声も聞こえてきそうですが、固定費は毎月なので抑えられるなら少しでも抑えたい気持ちが、、、。

※2021.03.02 追記

ahamoの料金はこれまで、税抜で2980円(税込3278円)と案内されていましたが、3月1日の発表で値下げされる事が発表、税抜2700円(税込2970円)となりました。

しかも他社のプランと違い、無料通話を削っての値引きでは無いので、これは相当のインパクトでますます移行先について選択肢が増え喜ばしいです。

 

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました