CarBridgeが遂にiOS14にも対応した正式バージョンに

ガジェット

遂に念願のCarBridgeがlite版では無く、正式バージョンになり、ios14でもフル機能が使えるようになりました。

以前までのCarBridgeの記事はこちら。

導入に向けての記事はこちら。

今まではiPhone本体の画面を、ミラーリングする事しか出来ず(iosのバージョンによって)、常にスマホ側のディスプレイも点灯している状態でしたが、フルバージョンになり、iPhoneの画面が消えていてもディスプレイに表示、車のSDA(スマートフォン連携ディスプレイオーディオ、マツコネ等)側で操作出来るのは格段に使い勝手が上がりました。

アプリの料金もこのアップデートにより9.99ドルに値上げされましたが、lite版からは追加料金無くアップデートできます

フルバージョンのCarBridgeの使い勝手は?

正直、lite版は動画を車のディスプレイに映す以外に使い道がありませんでしたが、フルバージョンになり、常用したくなるほど使える機能が増えました。

車のSDA側で動画のサーチバーやコントロール画面を表示、操作出来る

本来動画を表示出来ないSDAで、ミラーリングでも動画を再生出来る事に歓喜しましたが、更に車のディスプレイでタッチ操作出来るようになり、早送りや巻き戻し、サーチも思いのままです。

ミラーリングしているiPhoneを操作するより格段に使い勝手は違いますし、同乗者にも電話を渡して操作してもらうよりスマートです。まさに、スマートフォン連携ディスプレイオーディオなのです。

CarPlay非対応アプリも含めて、ブリッジ(コネクト)できる

これこそが完全版の利点なのですが、CarPlay対応アプリだけでなく、非対応アプリも含めてシームレスに車のディスプレイ上で操作出来ます。

※微妙に挙動が怪しいアプリもあります。例えばradikoは自分の環境では音がiPhone側でしか出ませんでした。

全てのアプリが確実に動作するわけではありませんのでご注意を!!

またCarPlay対応アプリであっても、車のSDA上に表示されるアプリは簡易版的な物ですが、それもCarBridgeの設定でブリッジすることにより、iPhoneで表示されるように詳細な表示が出来ます。

左 Carplay 右 CarBridge 

CarBridgeしたミュージックアプリ。ライブラリ、再生中の画面も情報量が多くなります。

また、ブリッジする前のCarPlayのミュージックアプリの場合、曲を選択する際、車が少しでも移動していれば操作不能でしたが、こちらは車移動中でも曲の選択が可能です。

もちろん、運転者では無く、同乗者に操作してもらう事前提です。

使う頻度が以外と多い計算機。こちらはもちろんCarplay非対応ですが、ばっちりCarBridgeで使用できます。
グーグルマップも簡易版じゃなく、Iphone上で操作するのと変わりない詳細な表示で使用出来る
ミラーリングでは無いので、iPhoneの画面を車のディスプレイに表示させているもの以外を表示できる。デバイスごとに2画面として使える

今まで、動画を車のモニターに映してしまうと、ミラーリングの為、iPhone側でナビが見れない状態となり、別途ナビが必要、他の操作が出来ないという弊害がありました。

しかし、今回のアップデートにより車のモニターには動画を、iPhoneにはナビを表示するような使い方が出来るようになりました。

車はナビ、iPhoneはyoutube 等可能性は無限大

Carplayで出来る事でフルバージョンのCarBridgeで出来なかった事。

・車のタッチパッドコントローラーで操作出来ない、画面にタッチして操作する必要がある。

正直、車のタッチパッドコントローラーが使用出来ないのは残念でしたが、そもそも純正での所業ではないので致し方ないかと納得しております。

・画面が詳細過ぎてうまくタッチ出来ない事がある。

うまくタッチ出来ないのは、特にミュージックアプリの時ですが、情報をたくさん表示していますし、設定でいつでもブリッジを外して、純正のCarPlayに戻すことも出来るので、そこまで問題では無いです。

※2021.04.05追記

約1カ月程度、常用しましたが時々、タッチしても反応しない、画面が固まる等の症状が出る時があります。

その場合の解決方法として一度 車側のディスプレイをHOME画面に戻してから、iPhone本体でアプリを操作して、再度そのアプリを車のディスプレイ側で立ち上げると元に戻ります。

重箱の隅をつつく位の事しか思い浮かばないくらい、フルバージョンCarBridgeの満足度は高いです。

タッチパッドコントローラー。マイナーチェンジしたモデルには撤去されていたので需要が無かったのかも。

 

まとめ 純正のApple「Car Play」がCarBridgeにより社外品並みの融通が効く

純正品と諦めていた、いまいち使い勝手の悪いスマートフォン連携ディスプレイオーディオ。これがCarBridgeにより、車側に改造を施さなくても、ケーブル一本で社外品に近い使い勝手になりました。

しかし、iPhone側で脱獄しなければならないので、あくまで自己責任でよろしくお願いします。自分は大満足な結果となりました。

車専用に機種編前のiPhone、もしくは安めの中古を用意しておくと捗ります。

それではグッドラック!!

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました