ノンカフェイン、カフェインレスコーヒー、デカフェは美味しくない?カフェインを取らない体への変化は?

生活

デロンギマグフィニカSを購入して、毎日フルタイムで稼働してもらっていますが、いつも新しい珈琲豆をチョイスして、初めて淹れて飲む時のワクワクったらないですよね!

また目覚めの一杯、一息つきたい時の休憩の一杯、食後の一杯と生活の中にコーヒーは欠かせないという方も多いと思いますが、年齢や体調によりカフェインの摂取量を気にする事はありませんか?

そういう自分もデロンギマグニフィカSで、昼夜問わずコーヒー飲み放題を毎日しているのですが、その日の体調により、なんか少し胃がモッタリする事が多くなったり、トイレの回数が多くなる事が気になってきました。

しかしコーヒーは飲み続けたいので、そこで自分で好きな豆を選べるマグフィニカの利点を活かして、カフェインレスコーヒーを導入し、実際マグフィニカで淹れてみてどうなのかを検証していきます。

カフェインレス?デカフェ?ノンカフェインコーヒーの呼び方の違い

カフェインの入っていないコーヒーの呼び方は複数ありますが、それぞれ微妙にニュアンスが違います。

カフェインレスコーヒーデカフェコーヒーですが、これらには少量のカフェインが含まれており、‘’デカフェは「取り除いた」もの‘’、‘’カフェインレスはもともと「少ない」もの‘’という違いがあります。

一方でノンカフェインコーヒーは、カフェインが全く含まれていないものを指しています。

カフェインレスコーヒーの味、風味、香りは

そして早速なのですが飲んでみた感想としては

全然あり

珈琲のコクや苦み、香りが普通のコーヒーとは劣ると言われているカフェインレスコーヒーですが、確かに普通のコーヒーと比べると味が薄めに感じたり匂いが控えめと感じるのも事実。

しかし、味が美味しくないのかと言われればそんな事は無く、味の薄さに関してはマグフィニカで少し濃さを調整すれば良い話だし、香りも風味もガンガン前に来るわけでは無いけど確かに感じられる。

そもそもクラフトボスの様に、がぶ飲みできるブラックコーヒーが好きな自分にとっては本当に丁度良い味。

自分の結論としては、コーヒーとして全く一緒では無く、カフェインレスコーヒーという違う土俵だけど、美味しいって言う表現が合っているかも。

飲み比べセットを購入し、自分好みを探求する旅へ出るのもよろしいかと。

カフェインレスコーヒーを飲んでみての体への変化と感想

寝つきに関してはそもそも普段から寝れないという事があまり無かったので、特に気にしてはいなかったのですが、時々夜中に目が覚め、その後寝付くまで時間がかかる事がありました。

これは感覚なのでハッキリとは言えないですが、自分の感覚では、カフェインレスコーヒーを飲用するようになってからは、夜中に目が覚める事も無く、前より良く眠れるという気がしてます。

トイレの回数は明らかに減りました。トイレに行けない状況、例えば公共の乗り物とかに乗る時、会議等、年齢を重ねる毎に尿意との闘いになりますが、飲まないという選択肢以外を選べるというのは非常にありがたい。

そして飲み味がライトなので、がぶ飲みしても胃がモッタリして重くなる事もなく自分にはすこぶる合ってるので常用決定です。

ちなみに、デロンギマグニフィカSで全自動で豆から淹れた感想です。

カフェインレスコーヒーまとめ

味覚は人によって違うので、自分の感じた感想が人によっては全然違うという事になりますので、是非興味がある方は試してみてはいかがでしょうか?

スターバックスコーヒーでも「ディカフェ(カフェインレス)”で私らしい新たな選択肢が広がる!」とカフェインレスコーヒーに力を入れています。

自分の体の調子に合わせて、カフェインを積極的に摂取しないという選択肢を選べるというのは日ごろコーヒーを常用している自分には非常にありがたいです。

皆さまのコーヒーライフに少しでも参考になれば。それではグッドラック!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました