株で大損 天国から地獄へのフリーフォール

投資

あなたは株取引やってます?

老後2000万円問題発言、そんな大層な目的の為では無く、ランチ代を稼ぎたいくらいの軽い気持ちで少額で自分、ポチョムキンは株式投資を行っています。
最初は株なんて難しい、怖いという印象でしたがビビリながらやっていても数百円、数千円は意外と儲けたりできます。株式証券も手数料無料とかあるので。ポチョムキンはSBI証券を使っています。
www.sbisec.co.jp

しかしその位の額で満足していれば良いのですが段々と慣れやもっといけるんじゃね的な変な自信によって一度に購入する株の単元(大体最低単元は100株)をどんどん増やして儲けをを出そうとして痛い目にあいます。自分の戒めの為に今日の失敗を振り替えります。そもそも下手くそなのは重々承知。

手を出したのは(2586)フルッタフルッタ
二週間前後で株価が120円台から900円台まで高騰、その後2020/07/09は年初来高値をつけてからのストップ安、2020/07/10も終値573円となっています。
その中でポチョムキンは前日に910円~610円のほぼ300円のボラリティの中で500株を購入、売却し35690円の儲けを出しました。サラリーマンでこの金額は結構大きいです。

しかし本日も今日もいけるんじゃね的な考えのもと、ランチ代を稼ぐ気持ちで安易に500株のポジションを持ったら、自分が買った時点でまぁ下げる下げる、含み損があれよあれよと4万近くになり昨日の儲けをぶっ飛ばしこれ以上は危険と判断しマネーゲームから降りました( ;∀;)後から考えると別に無理に入る場面でも無かったし、何の意図もないポジションでした。その時は頭が儲かるという事しか考えられなくなっているのだと思います。

また、ここは特別なのかもしれませんが個人では売りで入れず、投機機関は売り仕掛けが出きるため、面白いように値段に翻弄されました。安易な考えは大火傷するってことを未来の自分へさとしています。

偉い人の格言として

株はゼロサムゲーム 誰かが儲けて誰かが損をしている

総悲観で買い、楽観している時に売れ

これがなかなか出来ない、頭では分かっているのに、いざその判断をしなければならない時に出来ず好機を逃す、それでピンチに陥ることも。

これから株を始めるあなたへ

株っていくらあればいいの的な話しをよく聞くけど、TVとかで有名投資家は最低100万からって言ってるよね。
正直、田舎暮らしのサラリーマンで家族が居て家のローン払って会社行くために車が一人一台必需品となってくると貯金と別に余剰金100万はハードル超高めと自分は思う。

株の運用額でマウント取ってくるような人もいるけど自分は15万程度から始めました。最悪無くなっても立ち直れる額、それは人によって違うだろうけど自分はギリギリその額。それでも本当に無くなったら相当凹むけど。

今回の件でまた身を摘まされる想いを経験したので改めて言うと株を始めるのは簡単、ただ株が怖いのも事実。一分一秒でお金が増えたり目減りしていくんだから。

あと損切りをできなければ駄目だという説明もよく見ますがそれは長期目線でポジションを持つのか、短期目線で持つのかによって変わってくると思います。
ポチョムキンは中長期で持つ事が多いので結構しない派なんだけど、今日の値段の下落幅にビビって損切りラインを設定しそれがその値段まで下がったから約定しちゃった。サラリーマンには大きすぎる痛手でした。

とにかく株は自分の意思で買って売る、掲示板とか見ても参考程度にする、雰囲気だけで安易に手を出さない、退場しないようにコツコツ積み上げていきたい ←自分に向けて言ってます。

コメント

error: Content is protected !!
タイトルとURLをコピーしました